『写経と法話』講座のご案内詳しくはこちら

マインドフルネス 目の前にあることを楽しむ

こんばんは。
同行二人のお坊さん 有坂脩岳 です。


毎日といってもいいほど
「マインドフルネス」という言葉を
よく聞くようになりました。

仏教の修行法『八正道(はっしょうどう)』の
「正念(しょうねん)」をマインドフルネスといいます。

簡単にいうと
「今ココに心があること」
「今ここを感じる心の状態」です。

ちなみに、
過去と未来のことばっかり考えて
今ココの自分の心に集中できていない状態
「心が今ココにあらず」
がマインドレスネスです。


ネガティブな心の気持ちで
ストレスやプレッシャーになる感じで
どうしようと過去と未来のことばかり
気にするのではなく、

リラックスした状態で
過去のことは楽しかったなぁ
と感じている心の状態。

過去のことに悩んだり
未来のことを考えたりしないで
「今ココ」に心があればいいのです。

散歩や入浴などでリラックスして
あなたの心が
「今ココにあるなー」
となっていればいいのです。


あなたが
目の前にあることを楽しんでいればいいのです。




世界が平和でありますように
生きとし生けるものが幸せでありますように


出張専門のお坊さん 有坂脩岳

気軽にお問い合わせ下さい!
お問い合わせはこちら!

Youtube
よくわかる真言宗の戒名(付け方と具体例)
四十九日法要
百ヶ日忌法要
理趣経(為追善供養) 
観音経(偈文)
般若心経を読んでみよう
カルチャーセンター講座
写経と法話

この記事を書いた人

ありさか しゅうがく
真言宗僧侶
カルチャーセンター講師
千葉県佐倉市在住

仏教をわかりやすく伝えるお坊さん
有坂脩岳です

「お悩み僧談」を無料で承っております。
どうぞお気軽にご相談ください。

目次
閉じる