『写経と法話』講座のご案内詳しくはこちら

般若心経はどこで息継ぎをするのですか?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんばんは、
出張専門のお坊さん 有坂脩岳 です。

こんなご相談をいただきました。

目次

般若心経はどこで息継ぎをするのでしょうか?

カルチャーセンターの『写経と法話』講座でも必ず聞かれますね。

初めて般若心経を読まれた方は必ず悩まれるようです。


このご相談を頂いたときには、次のように回答しております。

どこでもいいんですよ。

このようにお答えすると皆さん困った顔をされますので、次のように説明しております。

1.人によって息の長さは異なる

息の長さは個人差があり、一息で読めるお経の文字の数も変わってきます。

また体調によっても息の長さは変わったりします。

2.読むスピードによって異なる

速く読めば一息で読めるお経の文字の数は多くなり、遅く読めば一息で読めるお経の文字の数は少なくなります。

3.声の大きさによって異なる

小さな声で読めば一息で読めるお経の文字の数は多くなり、大きな声で読めば一息で読めるお経の文字の数は少なくなります。

このような理由から

息継ぎの場所はどこでもいいですよ
どこで息継ぎをしてもいいんですよ

とお答えしております。



般若心経は「こだわらないこと」を教えています。

ですから、息継ぎの場所もこだわらなければいいのです。

自分のタイミングで息継ぎをしたらいいのです。


般若心経を読むコツは、何回も何回も繰り返し読むことです。

読んでいるうちに、気持ちよく読めるコツがわかってきます。


習うより慣れろ」です。


般若心経を読むことに慣れると、息継ぎも自然にできるようになります。

先ずは100回読んでみて下さいね。

そうすれば、私の言っている意味がわかると思います。


動画でも解説しています。よろしかったら参考にして下さい。


今日の内容があなたのお役に立てば幸いです。

世界が平和でありますように

生きとし生けるものが幸せでありますように


出張専門のお坊さん 有坂脩岳


気軽にお問い合わせ下さい!
お問い合わせはこちら!

Youtube
よくわかる真言宗の戒名(付け方と具体例)
四十九日法要
百ヶ日忌法要
理趣経(為追善供養) 
観音経(偈文)
般若心経を読んでみよう
カルチャーセンター講座
写経と法話


よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ありさか しゅうがく
真言宗僧侶
カルチャーセンター講師
千葉県佐倉市在住

仏教をわかりやすく伝えるお坊さん
有坂脩岳です

「お悩み僧談」を無料で承っております。
どうぞお気軽にご相談ください。

目次
閉じる