『写経と法話』講座のご案内詳しくはこちら

お盆でもっとも大切なのは心です

今朝は多磨霊園に来ております。

今日からお盆のところも多いと思います。

この時期になりますと、必ず聞かれることはお盆の設え方です。特に初めて新盆や初盆を迎えられた家では必ず聞かれます。

今日はお盆のお祭りの仕方についてのヒントのお話です。

お盆は家に帰って来られるご先祖様や新盆の仏様をお迎えしてお祭りする行事です。

この時にもっとも大切なのは『心』です。ご先祖様や新盆の仏様に感謝し敬う心です。

もし自分がご先祖様や新盆の仏様だとしたら、どんなことをしてもらったら嬉しいだろうか。

そして、自分がして欲しくないことはご先祖様や新盆の仏様にもしない。

このような姿勢で向き合えばよいのです。

例えば、せっかく家に帰って来たのに、家族は旅行に出掛けてしまって留守だった。あなたならどういう気持ちになるだろうか。

ご先祖様や新盆の仏様が目の前にいるつもりで向き合って頂ければ幸いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ありさか しゅうがく。
真言宗僧侶。
般若心経研究家。
カルチャーセンター講師。


・どこに頼んだらいいのかわからない
・お寺がないから供養ができない
・田舎が遠いから供養ができない
・足が不自由でお墓に行けない
・ちゃんと成仏できるか不安
・ネットでお坊さんを頼むのは心配
・コロナでちゃんと葬儀ができなかった
・菩提寺に相談したいけど相談できない
・宗派にはこだわらない

こんなお悩みやお困りごとがありましたら
お気軽にご相談ください。

目次
閉じる