『写経と法話』講座のご案内詳しくはこちら

四つの大きな悩み


私たちには様々な悩みがあり

尽きることはありません。

悩みは大きく分類すると

4つに分けられます。


何だと思いますか?



それは

①健康

②人間関係

③時間

④お金


①健康は

ああ、そうだよね

と納得できると思います。

テレビを付けると

健康専門のチャンネルかと思うほど

これでもかと宣伝が繰り返されていますね。

②人間関係も

やっぱり

と思われたんじゃないでしょうか。


夫婦や親子などの家族関係

上司や部下や同僚など会社関係

近所付き合い

などなど色々ありますよね。


③時間もそうですね。

私も時間がもっと欲しいと

よく思っています。

④お金

これは意外だったんじゃないですか?


そうですね

①番だと思っていましたよね。


ですが

人の悩みを分析していきますと

実はお金の悩みは一番最後になるんです。

例えば


使いきれないほどのお金を持っていても

寝たきりだったらどうですか?

使いきれないほどのお金を持っていても

友達が一人もいなかったら楽しいですか?

使いきれないほどのお金を持っていても

お金を使う時間が無いほど忙しかったら

幸せですか?


お釈迦さまは

足るを知ることを教えられました。

知足(ちそく)といいます。

毎日の生活の中で

あれも欲しい

これが足りない

など不平不満を上げたら切りがありません。

それよりも

蛇口を捻れば水が出る

ストーブを付ければ暖かくなる

朝起きたら温かいゴハンが炊けている

などなど

毎日の当たり前の出来事に感謝することを

教えられました。

当たり前って

有り難いですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ありさか しゅうがく。
真言宗僧侶。
般若心経研究家。
カルチャーセンター講師。


・どこに頼んだらいいのかわからない
・お寺がないから供養ができない
・田舎が遠いから供養ができない
・足が不自由でお墓に行けない
・ちゃんと成仏できるか不安
・ネットでお坊さんを頼むのは心配
・コロナでちゃんと葬儀ができなかった
・菩提寺に相談したいけど相談できない
・宗派にはこだわらない

こんなお悩みやお困りごとがありましたら
お気軽にご相談ください。

目次
閉じる