『写経と法話』講座のご案内詳しくはこちら

いま、ウェルビーイングという考え方が注目されています

こんばんは、
出張専門のお坊さん 有坂脩岳 です。


いま、ウェルビーイングという考え方が注目されています。

心の豊かな状態である幸福と、社会の良好な状態をつくる福祉を合わせた、心と体と社会のよい状態を「ウェルビーイング」といいます。

幸せな人は、「創造性が3倍高い」「生産性が1.3倍高い」「寿命が7年から10年長く健康である」ことが研究の結果わかってきました。

また時代の変化とともにカネ、モノ、地位のような他人と比べられる財から、幸せや健康など、他人と比べるものではなく自分のなかで昇華させる財へと、価値観が移ってきました。

時代はモノによる経済的繁栄を目指す流れから、人や地球環境をよりよい状態にすることを重視したSDGsのようなトレンドへと移り変わっています。



日本にはもともと「自分よし」「お客様よし」「社会よし」という『近江商人の三方よし』という経営の伝があります。

長野県伊那市に『伊那食品工業』という「かんてんぱぱ」という寒天をつくり、社員を大切にする幸福度の高い会社があります。

会社の目的は「いい会社」をつくることで、利益を上げることはそのための手段であることを明確に打ち出している会社です。

前年よりも成長だけは目指す「年輪経営」の結果、60年間増収増益という長期的安定経営を続けているウェルビーイング経営を代表する会社です。

5月にその伊那食品工業を見学できることになり今からとても楽しみにしております。



前野隆司・前野マドカ『ウェルビーイング』を読めば「ウェルビーイング」という新しい概念を知ることができると思います。

伊那食品工業以外にもウェルビーイング経営の会社が紹介されていますので、非常に面白く読めると思います。


出張専門のお坊さん 有坂脩岳

気軽にお問い合わせ下さい!
お問い合わせはこちら!

Youtube
よくわかる真言宗の戒名(付け方と具体例)
四十九日法要
百ヶ日忌法要
理趣経(為追善供養) 
観音経(偈文)
般若心経を読んでみよう
カルチャーセンター講座
写経と法話

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ありさか しゅうがく。
真言宗僧侶。
般若心経研究家。
カルチャーセンター講師。


・どこに頼んだらいいのかわからない
・お寺がないから供養ができない
・田舎が遠いから供養ができない
・足が不自由でお墓に行けない
・ちゃんと成仏できるか不安
・ネットでお坊さんを頼むのは心配
・コロナでちゃんと葬儀ができなかった
・菩提寺に相談したいけど相談できない
・宗派にはこだわらない

こんなお悩みやお困りごとがありましたら
お気軽にご相談ください。

目次
閉じる