『写経と法話』講座のご案内詳しくはこちら

自分で作る真言宗の戒名の付け方と具体例【わかりやすく解説します】


真言宗の戒名の付け方を知りたい方へ

自分で戒名を付けてみたいけど、具体的な方法が知りたい。
あと、便利な書籍とかあればついでに知りたい、と考えていませんか?


本記事の内容

1.真言宗の戒名の具体的な付け方
2.真言宗の戒名を付ける時に便利な書籍

 

この記事を書いている私は

・僧侶歴36年
・住職歴23年
・カルチャーセンター 講師歴5年

ですので、記事の信頼性に繋がると存じます。

 

 

目次

はじめに

戒名は大切な方のあの世での平安と安寧を祈る
ために必要なものです。

現在はインターネットなどの普及により、
一般の人も戒名(かいみょう)を付けやすく
なりました。

私も実際の葬儀において、既に戒名をもらって
いるから葬儀だけを執り行って欲しいという
依頼を受けるときがあります。

その際、戒名を拝見すると明らかに僧侶では
ない方が付けたと分かる戒名が増えてきました。

このような現状を考慮して、仏法護持の一助に
なればと思い、真言宗の戒名の付け方の一例を
お伝えさせていただければと存じます。

戒名(法号)の構成

授戒(じゅかい)のときに授かる僧名
(そうめい)を戒名(かいみょう)と
いいます。

真言宗ではこの戒名に、院号道号位号を付け
加えたものを「法号(ほうごう)」と称します。

この記事では一般の方の便宜を考え、主に戒名
を用いて説明をします。

戒名は『院号』『道号』『戒名』『位号』で
構成され、大人の男性と女性の場合は次のよ
うになります。


院号居士大姉の場合

 

居士大姉の場合

信士信女の場合

戒名(法号)の構成は地方により、またお寺に
よっても習慣や伝統が異なります。
ここに記した戒名(法号)の種類はあくまで
一例です。

菩提寺のある方は、ご住職にお尋ねいただけれ
ばと存じます。

戒名(法号)に使う字の選び方

院号道号戒名はそれぞれ二字一語の漢字で
組み立てられます。
選ぶ字には、押さえておかなければならない
重要なルールがあります。

①仏教語あるいは道徳的教訓的な意味を含む、よい意味を表す字を使う
②よいイメージを連想しやすい字を使う
③音の響きがよく読みやすい字を使う
④年齢および性別にふさわしい字を使う
⑤一般的には使われない書きにくく読みにくい字は使わない
⑥仏教語であっても悪いイメージを連想する字は使わない
⑦龍竜辰亀鶴鳳凰などを除く動物の名を表す字は使わない
⑧天皇や皇族、年号、高僧などの名を表す字は使わない

「どんな字を選んだらいいのか分からない」
というお問い合わせをたくさん頂きました。

別記事で『戒名を自分でつけるときに役立つ用語集
を作りましたので参考にしてくださいませ。

戒名(かいみょう)の付け方

戒名を付ける際は以下の点に注意を払います。

①戒名は「仏の名」である
②年齢や性別にふさわしい字を使う
③できるだけ故人の名前の一字を使う
④天地山川草木などの「実字」は使わない

道号(どうごう)の付け方

道号を付ける際は以下の点に注意を払います。

①生前の功績を顕す字を使う
②天地山川草木などの「実字」を使う
③戒名とのバランスに考慮する

院号(いんごう)の付け方

実際の寺院の名前を参考にすると付けやすい
です。

(例)
西光寺 → 西光院
自性寺 → 自性院
蓮華寺 → 蓮華院
など

実際の戒名(法号)の付け方

今回はこのような女性の戒名を考えてみましょう。

俗 名 :只野恵子
命 日 :令和元年10月1日
生年月日:昭和20年12月20日 享年75歳
人 柄 :やさしい、いつも笑顔、料理上手、
お花が好き

まず戒名から考えます。
俗名の「恵」を使い、女性に多く使われる
「妙」と合わせて「妙恵」としましょう。

つぎに道号を考えます。
人柄を参考にして、いつも笑顔を絶やさず周り
の人からも愛されていた心の美しい女性だと
イメージし、仏教語「慈」に「徳」を合わせて
「慈徳」としましょう。

道号の「慈徳」と戒名の「妙恵」を合わせて
「慈徳妙恵信女」と組み立てます。

読み方は、漢字には呉音(ごおん)と漢音
(かんおん)があります。

慈 (漢)シ   (呉)ジ
徳  トク
妙 (漢)ビョウ (呉)ミョウ
恵 (漢)ケイ  (呉)エ
信  シン
女 (漢)ジョ  (呉)ニョ

一般的な読み方としては、
慈(ジ)
妙(ミョウ)
恵(エ)
が使われているので「慈徳妙恵信女」は
「じとくみょうえしんにょ」と読むのが
よみやすいと存じます。

もちろん、俗名の読み方が恵子(けいこ)で
したら「じとくみょうケイしんにょ」と読ん
で頂いてもよろしいと存じます。

音の響きが耳に心地よく読みやすい読み方
を選んでください。

選んだ字をどのように組み合わせたらよいのかわからない方は
戒名をつけるときに選んだ字をどのように組み立てるかわからない
という記事を参考にして下さい。

 

いかがでしたでしょうか?

パソコンの画面だけではリアルな感じが伝わっ
てきませんので、戒名の組み合わせが終わった
ら位牌の大きさにプリントアウトしてみること
をお勧めします。

できればフォントの書体も変えてみると、また
印象も変わります。

そして、一週間ほど寝かせてから、再度、自作
の戒名を見直してみてください。
受ける印象が変わるかもしれません。

戒名を付けるときに便利な書籍

①複数の辞書が使える電子辞書
複数の辞書にアクセスできるので便利です。

以下は現在入手しやすい書籍です。

法名戒名大字典 新装版

[俗名別]やさしい戒名字典

[意味と平仄がわかる] 法名戒名字典

[出典・字解付]院号字典

 

位牌

戒名ができあがったら本位牌(ほんいはい)
を作りましょう。

魂入れ

ことわざに「仏造って魂入れず」とあるように
苦心して作り上げた戒名を彫った本位牌も
開眼供養(かいげんくよう)をしなければ何の
役にも立ちません。

戒名は大切な方のあの世での平安と安寧を祈る
ために必要なものです。

必ず魂入れ(たましいいれ・たまいれ)の
儀式を行い、故人の霊を本位牌に移しましょう。

魂入れ をご希望の方はどうぞお気軽に
お問い合わせください。

最後に

よい戒名を付けるコツは、目で見ても耳で聞い
ても心地よく、さらに本位牌にしたときのバラ
ンスを考えながら字を組み立てることです。

そして、あなた以外の方が本位牌を見たときに
その意味がすぐにイメージできるような戒名が
作れれば最高です。

わからないところがありましたら、
お気軽にお問い合わせください。

有坂脩岳 拝

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ありさか しゅうがく。
真言宗僧侶。
般若心経研究家。
カルチャーセンター講師。


・どこに頼んだらいいのかわからない
・お寺がないから供養ができない
・田舎が遠いから供養ができない
・足が不自由でお墓に行けない
・ちゃんと成仏できるか不安
・ネットでお坊さんを頼むのは心配
・コロナでちゃんと葬儀ができなかった
・菩提寺に相談したいけど相談できない
・宗派にはこだわらない

こんなお悩みやお困りごとがありましたら
お気軽にご相談ください。

目次
閉じる